【ジャンル別】秋葉原にあるコンカフェのおすすめ店舗をご紹介!

【ジャンル別】秋葉原にあるコンカフェのおすすめ店舗をご紹介!

秋葉原といえば「メイドカフェ」が有名ですが、最近では様々な「コンカフェ」が流行しているのはご存知ですか?「コンカフェ」とは「コンセプトカフェ」の略で、現在ではメイド以外にも「猫」「忍者」、「OL」、「ナース」などなど様々なコンセプトをもったカフェが登場しているのです。
この記事では、コンカフェ激戦区の1つである秋葉原にあるおすすめのコンカフェを一挙にご紹介します!

コンカフェとはそもそも何?

「コンカフェってそもそも何?」という方向けに簡潔に解説します!
「コンカフェ」とは、「特定のテーマを取り入れることで、他のカフェとの差別化が図られたカフェ」のことです。

実はメイドカフェは「メイド」というコンセプトをもったコンカフェの一種であり、現在ではそこから派生して様々なコンセプトをもつコンカフェが展開しているのです。コンセプトカフェの詳細やコンセプトの種類についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひご覧くださいね。

▼コンカフェって何?メイドカフェとの違いを解説!

コンカフェって何?メイドカフェとの違いを解説!

秋葉原にあるコンカフェのおすすめ店舗をジャンル別でご紹介!

【王道の超有名店】

・めいどりーみん

めいどりーみんは、国内のみならず海外にも展開している超鉄板のメイドカフェです。初めてのコンカフェならここに行って間違いはないでしょう。秋葉原だけでなんと7店舗もあり、遠くまで足を運ばなくてもいいのが魅力的ですね。
雰囲気が気になる!という方はめいどりーみんのYoutubeチャンネルを覗いてみることをおすすめします!中には26万回再生されてる動画もある人気チャンネルです!

▼めいどりーみんのYoutubeチャンネル「maidreamin」
https://www.youtube.com/user/maidreamin2/videos?view=0&sort=p&flow=grid

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/maidreamin_akihabara_denki

・アキバ絶対領域


こちらも定番のメイドカフェ。「にんげんに恩返しをしたい猫(=キャスト)たちが、かみさまが創った『絶対領域』でにんげんの姿になってお給仕をしている」というのがコンセプトです。
秋葉原に4店舗を展開していますが、それぞれの店舗で雰囲気が全く異なるところが面白いところです!定番の「オタク×カワイイ」をテーマにした1号店、1912年をモチーフにしたクラシカルな2号店、「2.5次元×電脳世界」をテーマにした3号店、2045年をモチーフに「サイバーパンク×カワイイ」を表現した4号店。
独特の雰囲気のコンカフェカフェに行きたい!普通のメイドカフェは飽きた!という方にもおすすめです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akibazettai

・@ほぉ~むカフェ

「@ほぉ~むカフェ(あっとほぉ~むカフェ)」も、秋葉原で超定番と言われるメイドカフェです。約300名近いメイドさんが在籍し、接客のクオリティの高さに定評があります。秋葉原では2店舗を展開しており、美味しい料理&ドリンクだけでなく記念撮影やゲーム対決、歌やダンスなどのご奉仕を楽しむことができます。
初めて@ほぉ~むカフェに行くと、このお店のご主人様・お嬢様であることを証明する「ご主人様認定証」がもらえます!来店回数を重ねるごとにカードはランクアップしていき、お得な特権がもらえるみたいですよ!

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/athome_cafe

【正統派クラシカルメイド】

・ミアカフェ東京店

ミアカフェは2004年にオープンした正統派スタイルのメイドカフェです。
開店時はメイドカフェはまだ10店舗もなかったという老舗で、このコンカフェが発祥のサービスは数多くあります。今では定番のまぜまぜドリンク、デザート・フード類へのお絵かき、店内でのチェキ撮影、メイドさんとのミニゲームなどなど…。それまで業界に存在しなかった数々のサービスを生み出し広めてきたのがこのお店なのです。
さらに、カフェだけでなくリラクゼーションや、個人撮影会ができる場所も同じビル内に併設されていて、カフェで仲良くなったメイドさんに他のサービスもお願いできるかもしれません!
立地は電気街からは少し離れた場所ですが、秋葉原駅からは徒歩3分と近いのでおすすめです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/mia_group

・シャッツキステ


シャッツキステは、「メイドが営む私設図書館」をコンセプトにしたメイドカフェです。 黒のスカートに白いエプロンの伝統的な衣装を身にまとったメイドさん手作りのセイロンティーはなんと、かわり自由!図書館にある本を自由に手に取って読みながら、読書の時間を楽しむことができるコンカフェです。 時に熱く、時に賑やかに『秋葉原カルチャー』を体験していただけます。
また、メイドカフェとしては珍しくメイドさんとの交流だけでなくお客さん同士のコミュニケーションも楽しめるのも魅力の1つ。漫画やアニメ・ゲームなどジャンルを問わず「好きな趣味について熱く語れる」を大切にしており、「部活動」と呼ばれるイベントも定期的に開催され、お客さんの誰もが気軽に参加し楽しむことができます。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/schatz1

・HIYOKO家


「ひよこ家」は、「メイドの女の子が経営する手作りのメイド喫茶・居酒屋」をコンセプトにしたコンカフェです。2001年に開業した老舗で、「メイド居酒屋」としては日本最古です!
このコンカフェの特徴は親切な料金体系。メイドカフェといえば席料が発生するのが通常ですが、ひよこ家はメニュー代金のみの普通の飲食店と同じ料金体系なのです!さらにランチタイムはランチセットが880円とたいへんお得で、なんと写真撮影は無料サービスという大盤振る舞いです。
2017年に移転し、電気街に近い立地になりました。ぜひ一度訪れてみましょう。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/hiyokoyamaid

【衣装がセクシーなコンカフェ】

・Cafe&Bar Mermaid

「マーメイド」は、海中をコンセプトにしたコンカフェ&バーです。海の中をイメージした店内に入水(=入店)すると、セクシーな恰好をしたマーメイドちゃん達(=キャストさん)が王子様方(=お客さん)を癒してくれます!
マーメイドの特徴はお得な飲み放題システムで、ソフトドリンクも飲み放題に含まれているので、お酒が飲めない方でも安心です。
キャストさん達も随一のかわいさで、一度入水すれば病みつきになること間違いなしです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/mermaid_bar

・Cafe&BAR ZERO ~ぼくは透視能力を身につけた!~

その名の通り、キャストさんの衣装が透けて見えるというコンセプトのカフェ&バーです。クリアストーンというメーカーの新感覚コスチューム「ぼくは透視能力を身につけた!」シリーズをコンセプトに取り入れ、お客さんはあたかも透視能力を手に入れ、そして働いている女の子たちは気が付いていないかのような新感覚が味わえます。
アクセスも秋葉原駅の昭和通り口から徒歩1分と抜群です。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akibarzero

・バニーズギルド


バニーズギルドは、「メイドカジノ」と「バニーガール」のコラボレーションから生まれた、カジノをコンセプトにしたカフェ&バーです。このコンカフェの特徴はなんといっても素敵なバニーガールに囲まれてルーレットやブラックジャックなどのカジノゲームを楽しめることです。お客さんは「プレイヤー」となって、カジノゲームに興じるだけでなく、他のコンカフェと同様に食事やお酒を楽しんだり、女の子との会話で盛り上がったりすることができます。
他のコンカフェにはないデンジャラスな雰囲気を味わいたい方にはおすすめです!

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/casino_cafe

【ヴァンパイア】

・†秋葉城ドラキュラ†

秋葉原で最初の「吸血鬼」をコンセプトにしたカフェ&バーです。このコンカフェでは、男装をしてヴァンパイアとなった女の子に囲まれて料理やお酒を楽しむことができます。
男装ヴァンパイアってどういうこと…?という方には、公式のYoutube動画をご覧になることをおすすめします!
▼男装ヴァンパイアカフェ 秋葉城ドラキュラ公式MV 血の涙-Bloody Tears-

ヴァンパイアさんの男装レベルがかなり高いことが分かりますね…。それもそのはず、元々ボーイッシュな女の子や男装が趣味の女の子が集まっているので、見事な男装ヴァンパイアが多く在籍しているのです。かっこいい吸血鬼に囲まれて血を吸われたい!という方にはおすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/dracula_dansou

・ばぁんぱいあMaid Cafe 夜宴迷宮

こちらも吸血鬼をコンセプトにしたカフェ&バーです。
秋葉原にやってきた「ばぁんぱいあ」達は、迷宮の館に迷い込んだ人間の血を吸おうと企むものの、実はおもてなしが大好きなので、人間様と交流を深めようと日夜、宴を催しているという、なんともかわいらしいスト―リーです。
このコンカフェの特徴は、フードメニューやゲームにも吸血鬼の世界観が反映されていることです。かわいいばぁんぱいあ達と一緒に狩りをしたり、呪文を唱えたり、魔力を使ったり、イタズラをされたり…魔界の宴を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。
「迷宮」であるという設定でありながら、アクセスは秋葉原駅を出てから徒歩で2回曲がるだけと超分かりやすいのも、面白いところですね。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/yaen_meikyu

・アルカード

こちらも、吸血鬼をコンセプトにしたメイドカフェ&バーです。上記の2店と同様に、いかにも吸血鬼っぽいダークな衣装を身にまとったキャストさんが迎えてくれます。吸血鬼らしい世界観を表現するためか、内装は怖いものの、料理の種類が多くてキャストさんも男装でイケメンの吸血鬼が多いとのこと。女性のお客さんも多いのが特徴です。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/alucard_akiba

【猫】

・みゃおみゃお

こちらは「清楚な子猫ちゃん」をコンセプトにしたカフェ&バーです。子猫に扮した清楚でかわいい女の子と一緒に、隠れ家のようなおしゃれな空間でお酒を飲んだり、ご飯を食べたりすることができます。飲み放題が40分1500円とリーズナブルな価格なのも魅力です。
アクセスは、秋葉原駅のほとんど目の前という超好立地。
かわいい子猫ちゃん達と一緒に戯れたいという方にはおすすめのコンカフェです!

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/cafebarmyaomyao

・みけねこカフェ

こちらも猫をコンセプトにしたカフェ&バーです。「歌と踊り、そして人間の事が大好きな、強い魔力と大きな夢を持った猫達が集う館」で、かわいい猫ちゃん達と戯れることができます。毎週イベントが行われているので、新鮮な楽しみを発見できるのも魅力の1つ。私服デーというイベントもあるので、子猫ちゃんの貴重な私服姿を見たい方にもおすすめです。
秋葉原以外にも川越・清瀬にも店舗を構える人気店ですので、サービスの質には定評があります。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/nekositujia_akihabara

・煌cafe & bar Pastel crayon(動物系)

「『煌どうぶつ』という人の姿をした異世界どうぶつが人間様(お客さん)の心を癒してくれる」、というコンセプトのカフェ&バーです。このコンカフェは猫に限らず、「煌どうぶつ」をモチーフにしています。
店内は眩いばかりの真っ白な内装が特徴。キャストさん達も真っ白な衣装に身を包んでとてもまぶしい…!個性あふれるかわいい煌どうぶつ達と楽しくゆっくりお話ししたい方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akbpastelcrayon

【魔法使い系】

・ウィッチズガーデン

「魔女の箱庭」をコンセプトにしたガールズバーです。女の子たちは「幸せのカケラ」を創り出すために日々研究している魔女で、お客さんは魔女たちの箱庭へやって来た「旅人」という独特な設定です。箱庭では、旅人たちは《幸せのカケラ》の光を浴びてそのご加護を受けることができるのです。
箱庭をテーマとした、森のような自然を演出したおしゃれな内装が特徴です。さらに料理の種類も豊富でクオリティも高く、しっかりとしたお肉や本格的なサラダ、パスタまで楽しむことができます。
魔女たちの魔力で幸せな時間を過ごしたいという方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/witchesgarden31

・王立アフィリア・クロニクルS

「超古代に栄えた魔法王国」をコンセプトにしたコンカフェです。店内に足を踏み入れたお客さんは、アフィリア王国の国民となり、そこで暮らす魔法使いになります。キャストさんたちは魔法を勉強する見習い魔女っ子で、お客さんのことを尊敬の意を込め「センパイ」と呼んでくれるという、なんとも微笑ましい設定なのです。
本格的に作り込まれているのはそのストーリー設定だけではなく、店内の内装も魔法王国の世界観を表現するべく細部にまで意匠を凝らした装飾が施されており、とても感心させられます。秋葉原をはじめ池袋、上野、六本木などなど全部で8店舗あり、それぞれ内装のスタイルが異なるので気になる方は制覇してみましょう。
かわいい魔女っ子の後輩と一緒に魔法使いごっこを楽しみたい方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/afiliachronicle

【男装】

・ウィズコレクション

こちらはかなりホストっぽい男装をコンセプトにしたお店ですが、店舗は受付のみとなっており、男装した「ギャルソン」と呼ばれるキャストが、お客さんを食事や買い物へと「エスコート」してくれるのです。どちらかと言うと女性向けのお店ですね。
ギャルソンさんの第一印象はとにかく華やかで、爽やかで気さくな、それでいて礼儀正しい応対に、お客さんもすぐに緊張は打ち解けるはずです。
「秋葉原に初めて行くから不安」「行きたいお店があるけど一人だと行きづらい」という方におすすめです。ギャルソンさんも男装をした女性なので、女性ならではの気遣いをしてもらえるのも魅力的ですね。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/garcon_with

・Desperado デスペラード

星座の神話をコンセプトにした男装カフェです。「デスペラード」(ならず者)と呼ばれる個性豊かな男装キャストたちがお客さんをもてなしてくれます。神話の鍵となる星書を失った者たちは「デスペラード」と呼ばれ、失った星書をよみがえらせるため星座図書館を開館するというストーリー。料金設定も全て「円」の代わりに「ページ」が用いられ、その世界観を反映していますね。
クラシカルで神秘的な内装や、色とりどりのカクテルで、独特な雰囲気を楽しめるコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/desperado_tokyo

【流行りのシーシャ(水たばこ)】

・AKIBAスモーカーズ1号店

「水たばこ」(シーシャ)をコンセプトにしたメイドカフェが、「AKIBAスモーカーズ」です。おそらく秋葉原では初の、メイドさんと一緒にシーシャを楽しめるコンカフェとして名をはせています。
「水たばこ」は最近よく吸う人を見かけるようになりましたが、なんだか怪しい印象があって悪そうな雰囲気があり、自分で吸ったことのある方はそういないのではないでしょうか。この水たばこ、実は普通のタバコとは大違いなのです。水をくぐった煙は、ちょっぴり冷たくて煙っぽさがなく何より甘い香りがしてデザートのようなテイストなのです。
シーシャが初めての方でも、かわいいメイドさんが吸い方のコツや楽しみ方を丁寧に教えてくれるので、水たばこデビューしたい方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
http://akiba-smokers.com/

・AKIBAスモーカーズ2号店

本店から徒歩1分ほどでアクセスできる場所にオープンした2号店。
本店とは違って店内はこじんまりとした狭さで、隠れ家的な雰囲気を醸しています。また本店ほど混雑していないことが多いので、静かな空間でゆったりしたい方におすすめ。さらにシーシャ屋さん独特のアンダーグラウンドな雰囲気ではなくナチュラルなテイストの内装で、自然光を取り入れる窓もあるので明るく作業もはかどります。
本店とはまた違った雰囲気で水たばこを楽しみたい方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akiba_smokers

・BunnyPalace(バニーパレス)

ラグジュアリーな大人の社交場をコンセプトにしているカフェ&バーです。日常を忘れられる紳士の社交場でチャーミングなバニーガールと語らいつつ、シャンパンや水たばこといった大人の嗜みを味わうことができます。
店内はとにかくラグジュアリーで、清潔感のあるカウンターや暗めの照明で彩られ、静かに流れるJAZZが非日常的で安らいだ空間を演出しています。他のコンカフェにはありがちなカラオケやゲームは排除するほどの徹底ぶりなのです。バニーガールによる煩わしい「ドリンクのおねだり」もありません。
他のコンカフェと一線を画す格式高い雰囲気でありながら、カジュアルスタイルのお店なので気軽に入店できるところも魅力的です。礼儀正しく振る舞うことができる紳士淑女の皆さんにとってもおすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/bunny_palace

【その他コンセプト】

・戦国メイドカフェ&バー もののぷ (戦国・忍者)

2009年にオープンした戦国時代を舞台にしたコンセプトカフェ&バーです。戦国時代を裏で操ったという幻の武将「萌田のぷなが」に各国の武将から人質として差し出された姫たちは、命令により武装した上で、もののぷ城(=店舗)に訪れる武将(=お客さん)をお迎えするため給仕に励むという濃いストーリー。
魅力はなんといっても和服に身を包んだかわいいお姫様たちです。内装も戦国時代の居城を模した日本的な内装なので、外国人のお客さんも訪れるようです。
現代とはかけ離れた世界観でかわいい女の子と楽しみたいなら、このコンカフェがおすすめです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akibamononopu

・石榴(ザクロ) (厨二病喫茶)

かなり痛い設定が随所に見られる「厨二病喫茶」です。キャストさん達の恰好は普通のメイド服のように見えますが、彼女たちは研究者によって生み出された、彼の寂しさを埋めるためのマリオネット(操り人形)だというのです。研究者は事故で亡くなった後、その死を受け入れられない妻によってまるで生きているかのように部屋に飾られて、妻がマリオネット達とこの中二病喫茶「石榴」を開業した後も、店内を見守っています。
店内の至るところに施された装飾にもその中二病っぷりが発揮されており、亡くなった研究者のガイコツと化した遺体も店内に奉られています。他にも通貨の単位が円ではなく「業」(カルマ)であったり、窓際の席は「下界を見下ろす席」と呼ばれていたり、羊の生き血と石榴を煮詰めたシロップをかけて味わうパンケーキはなぜか美味だったりと、突っ込みどころ満載です。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/ZakuroAkiba

・Alice in Labyrinth(不思議の国のアリス)

「不思議の国のアリス」をコンセプトにしたカフェ&バーです。アリスの世界観をイメージした店内は、チェス盤のようなモノクロの床に、赤と白を基調とした椅子でとてもかわいい雰囲気に仕立て上げられています。
キャストさん達は「アリスちゃん」と呼ばれ、目の大きなお人形さん風のメイクでとってもかわいいです。アリスちゃんにお願いすれば、美味しいオリジナルカクテルを作ってくれますよ!
かわいいアリスちゃん達と近い距離感でまったりお話できる、おすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/Ali_Laby_akb

・OL Cafe&Bar 8style (エイトスタイル)

OLをコンセプトにしたカフェ&バーです。このコンカフェの特徴はなんといっても、現役のタレントやグラドルさんたちとのお喋りが楽しめること!女の子達は「社長秘書」で、お客さんは「社長」という設定です。
OLさん達の中には本物のシンガーソングライターやイラストレーターが所属しているのも特徴的です。そのスキルを活かしてトークバラエティ番組を放送しているなど、かなり本格的なOLカフェです。
本物のOLとのおしゃべりがしたい!という方におすすめのコンカフェです。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/OLcafebar8style

・スパイBAR AkibaCIA(アキバシーアイエー)

日本初の「スパイ」をコンセプトにしたカフェ&バーです。CIAエージェントになりきって、ウソ発見器に金庫破り、暗号解読、人探しイベントなどなど、本物さながらのアミューズメントを楽しめるのがこのコンカフェの特徴です。キャストさん達も、ホルスターに銃を携えた、お客さんと同じ「エージェント」。CIAで一流のスパイを目指し、お客さんと一緒に訓練に励むとおいうストーリーです。
「CIA」とは某大国の中央情報局のことだと思いきや、看板をよく見てみると、“Chiyoda Intelligence Agency”と記されており全く関係ない組織のようです。
ミッションだけでなくちゃんとお料理やお酒も楽しめます。世界各国をまたにかけてきたCIAのエージェント達が、色んな国の絶品料理でもてなしてくれます。
誰もが一度はなってみたい「スパイ」を体験したいなら、このコンカフェを訪れるのがよいでしょう。

▼店舗詳細ページ
https://con-cafe.jp/akibacia

まとめ

ここまで秋葉原にあるおすすめのコンカフェをジャンル別に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
「メイドカフェ」が秋葉原に出現してから久しいですが、現在では様々なコンセプトを取り入れたカフェが展開されており、今まさにコンカフェ戦国時代真っ只中なのです。進化が止まることのないコンカフェの世界からは目が離せません。
メイドカフェには飽きてしまった!という方や、通常のカフェでは味わえない日常離れした体験をしたい!という方は、自分の好きなコンカフェを発見してみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 0

関連記事

  1. cafe & bar ワンルーム

  2. cafe&bar Dream→Amazing Dream(アメイジング ドリーム)

  3. HoneyHoney 秋葉原店

  4. めいどりーみん 秋葉原 中央通り店

  5. めいどりーみん 秋葉原 ひみつきち

  6. ばぁんぱいあcafe&bar 夜宴迷宮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA